発表!2017年春期オリーブオイルソムリエコース日本

2017年3月オリーブオイルソムリエ養成コース開催!

いままでは1週間集中コースで行っていましたが、この春から生まれ変わります。週末の土曜または日曜に受けることができるので、仕事をやすまないでも受講が可能になりました。詳しいスケジュールは会場により異なりますので、スケジュール表をご覧ください。

今まで、オリーブオイルソムリエに興味があったけれど、日程が合わず受講ができなかった、仕事の予定がつかなかった、イタリアでの受講は不安で申し込みをしなかった….そんな方におすすめです。

イタリアには、600種類以上のオリーブ(品種)があります。 エキストラヴァージンオリーヴオイルの基本から品種、テイ スティングの仕方等、15レッスンと約50種類のテイスティン グを通じて更に理解を深めます。イタリア人講師のレッスン には、日本人ソムリエの通訳がつくので 言葉の心配はいりません。

「オリーブオイルソムリエになる」それは、オリーブオイルに関する様々な知識を活用する新たなステージの始まり。ワインソムリエ、レストランオーナー、シェフ、ジャーナリスト、インポーター、そして、オリーブオイルソムリエをサポートするスタッフとして…もちろん、イタリア料理やイタリアが大好きな方も大歓迎です!

【日程】

東京:3月5日スタート 詳細はプログラムをご覧ください

大阪:3月12日スタート 詳細はプログラムをご覧ください

【会場】

・東京  :東京都内
・大阪 : 大阪市内
コースの内容についての詳細はこちらをご参照ください
お申込み用紙のダウンロードはこちらをクリックしてください。

お問合せ、お申込みは下記のメールアドレスまでお願いします。
メール:info@accademiadellolio.com(アカデミアデルオーリオ事務局)
FAX +81 (0)3-6800-2493

いずれのコースも、お問合せおよびお申込みは上記までお願いいたします。※イタリアでのオリーブオイルソムリエコースも通常通り開催されます。毎年1月20日〜、7月20日〜、10月20日からの計3回を予定しております。ご都合にあわせて、受講地をお選びください。

Accademia Dell’Olio su Facebook
ItaliaViaggio

搾油工程でのオリーブ葉の添加は発見できる

本来は取り除くオリーブの葉を搾油に加えることでオリーブオイルの緑をより濃く、味にボディーを出すためにかつてよくやられていた手法、化学分析でも発見できることがわかった。

チュニジアの研究で、エキストラヴァージンオリーブオイルの化学分析にて葉の有無がわかることを発見した。

かつて、オリーブオイル生産者の間では、オリーブオイルの色をより濃い緑にして、味にもパンチをあたえるとして搾油所でオリーブの葉をあえて加えるということが行われていたものであるが、今となっては搾油技術の向上によって葉をいれる必要はないことがわかっている。

 

チュニジアの研究で対象となったのは、Chemlali, Chetoui, Zalmatiの3品種。葉を全体量の3%加えたものと、葉を全く加えないもので比較をしたもの。出来上がったオリーブオイルの化学検査の結果、ステロールの量については、変化がなかった。しかしながら、フェノール成分については、特にChetoui種に変化がみられたのだそう。フェノール成分の中で量が多いものについては同じ結果がでたそうだが、葉をいれたものについては、より多い種類のフェノール成分が見つかったとのこと。これは、葉に含まれているフェノール成分が搾油工程を経てオリーブオイルの中に抽出されていることを表している。ただし、かなり詳細な検査をした場合に確認ができるほどのごく微量の差とのこと。

CNOより

Made in Japan オリーブオイル

エキストラヴァージンオリーブオイルといえば「Made in Italy」と誰もが思う。 しかし、Made in Japaもあるのだ。

日本を代表する京都府の宮津市でもオリーブの栽培が始まっている。宮津市といえば、京都の北部に位置し世界で最も美しい湾のうちの一つ「天の橋立」で有名な地。天の橋立は約3Kmに渡る砂で、8000本程の松林が生える名勝地である。

64265

オリーブ栽培は2014年に始まり、今では700本程のオリーブが植えられている。品種は様々、ネバディロブランコ、マンザニッロ、ミッション、ルッカが主。そして、2016年にはイタリアでも馴染みの品種も植えられた。フラントイオ、レッチーノ、レッチョデルコルノ、イトラーナ、ペンドリーノ等。

日本でのオリーブ栽培で課題となってくるのは、日本独特の気候条件。湿気が多く、6月から7月にかけての梅雨、そして9月にかけての台風である。宮津市は、日本海側に面してはいるものの、湾内にあるため、オリーブ栽培に理想的とは言い難いそれらの気候環境が若干緩和されているといえよう。実際に、現時点では大きな問題もなくオリーブ栽培が進んでいる。

日本のオリーブ栽培地では、「オリーブ茶」を作ることが多い。イタリアでは大昔には使われていたとのことだが、今ではほとんどオリーブの葉を利用したお茶は飲まれないのにもかかわらず、だ。やはり、日本には「お茶」文化が根付いているからこそ、オリーブの葉を利用することが考えられたのだろう。味は、ほろ苦くほのかな甘みが感じられる。

14725730_1118183978231584_8113019695085787838_n今回、味見をしたオリーブオイルは、ミッション種で作られたもので、日本へは1908年にアメリカから上陸した品種である。カリフォルニア原産の品種で、10月から11月中旬に熟し、日本では多く栽培されている。収穫はもちろん丁寧に手摘みで行われている。

オリーブオイルの色は、まるで日本の繊細なお抹茶のようなエメラルドグリーン。香りは強くはないが、控えめな華やかさを身にまとっている。ピリッとした辛味のあるルッコラや、刈ったばかりの草、黒胡椒、青りんご、そして白いフレッシュなアーモンドのような心地良い香りで満たされる。

オリーブオイルを口に含むと、グリーンペッパーのような感覚が広がる。まるで青々しいフレッシュなオリーブオイルをたっぷりとかけたルッコラのサラダをそのまま口に入れているかのよう。持続性は長くはないが、口の中には、とても好ましい辛味が軽く残り、繊細なグリーンの余韻がある。点数は、88/100点。

料理とのマリアージュでおすすめしたいのは、青魚の刺身。脂ののった鯖や鯵、鰯などとの相性が抜群。オレンジやみかん等柑橘をつかったサラダに胡椒でアクセントを効かせたものとも相性が良さそう。イタリア料理で合わせるならば、野菜のミネストローネや豆のスープなど。ほのかな甘みがある料理に、オリーブオイルが軽いアクセントになり、味わいが一層引き立つ。

AIS(イタリアソムリエ協会)HPへAccademia dell’olioが寄稿した記事の日本語訳です

54期オリーブオイルソムリエコース結果発表

2016年10月20日から10月27日までイタリア・モンテカティーニテルメにて行われた第54期オリーブオイルソムリエ養成コースの結果がAccademia dell’olio(アカデミア デル オーリオ)代表Andreacchio Vincenzo(アンドレアッキオ・ヴィンチェンツォ)より発表されました。

以下の方がオリーブオイルソムリエ試験に合格されました。新しいオリーブオイル・ソムリエ達は、これからの日本のオリーブオイルの将来に貢献してくれることでしょう。

合格者:池田睦美さん 他

次回のオリーブオイルソムリエコースは、イタリアにて2017年1月の開催を予定しております。コース日程など詳細、カリキュラム等詳細についてご興味の有る方は、アカデミアデルオーリオ事務局(info@accademiadellolio.com) までお気軽にお問い合わせください。

2016年オリーブオイル市場予測

Image

「今年の各地の収穫状況はなかなか難しく、あの2014年ほどとはいかないまでもそれに近いものがある」とUnaprol.

今年のオリーブオイルは、オリーブミバエの影響によりなかなか難しくなっている。オリーブミバエはなんと、古代ローマ時代から弱まることなく活躍(!)しているのである。

9月末の時点での予想では2015年より37%減少と予測されていたが、さらに減少率は高まることになりそうである。

11月末時点で、昨年より40%減少、量にして475トンの減少が予測されている。とくに南イタリアではかなり状況はひどく、一方でイタリア北部では、大幅な減少は見られない。

ヨーロッパの他の地域を見てみても、気候条件の悪影響と、害虫や病疫の影響で10%の減少が見込まれており、それに伴いオリーブオイルの価格も上昇が見込まれている。分析によると、フランスでは、30%の減少、ポルトガルで20-30%、スペインでは7%の減少と、昨年と大幅な変更はない模様。

クロアチアは8-10%減少、キプロスでは15%減の予想。ギリシャも、20%ほどの減少が見込まれている。一方で、トルコは33%増の予想。

1235566_1412431943-5064-keag-u10901679709999hic-1024x576lastampa-it

52/53期 オリーブオイルソムリエ養成コース結果発表

2016年9月12日から9月24日までイタリア文化会館・大阪/東京会場にて行われた第52/53期オリーブオイルソムリエ養成コースの結果がAccademia dell’olio(アカデミア デル オーリオ)代表Andreacchio Vincenzo(アンドレアッキオ・ヴィンチェンツォ)より発表されました。

以下の方がオリーブオイルソムリエ試験に合格されました。新しいオリーブオイル・ソムリエ達は、これからの日本のオリーブオイルの将来に貢献してくれることでしょう。

合格者:大山靖子さん 近藤実輝さん 中村匡子さん 矢野由美子さん 石田弘樹さん 熊田誠さん 久保田智彦さん

次回のオリーブオイルソムリエコースは、イタリアにて2017年1月の開催を予定しております。コース日程など詳細、カリキュラム等詳細についてご興味の有る方は、アカデミアデルオーリオ事務局(info@accademiadellolio.com) までお気軽にお問い合わせください。

新テイスティングシートの発表

Accademia dell’olioのオリーブオイルソムリエコースにて利用するテイスティングシートが本日10月20日よりモンテカティーニテルメにて開始となる第54回オリーブオイルソムリエコースから利用開始となります。

日本では、2017年3月にソムリエの方を対象としたブラッシュアップセミナーにて、取り上げる予定となっています。

オリーブオイルソムリエコース新テイスティングシートNAB version 6.8

NAB version 6.8 le nuove schede del corso di oliveoil Sommelier

 

 

 

第51期オリーブオイルソムリエ養成コース 結果発表

img_1240

2016年7月20日から7月26日までイタリア・モンテカティーニテルメにて行われた第51期オリーブオイルソムリエ養成コースの結果がAccademia dell’olio(アカデミア デル オーリオ)代表Andreacchio Vincenzo(アンドレアッキオ・ヴィンチェンツォ)より発表されました。

以下の方がオリーブオイルソムリエ試験に合格されました。新しいオリーブオイル・ソムリエ達は、これからの日本のオリーブオイルの将来に貢献してくれることでしょう。

合格者:石井陽子さん 伊東 香織さん 樫藤 良子さん 立川 明美さん 美矢 祥吾さん

次回のオリーブオイルソムリエコースは、イタリアにて2017年1月の開催を予定しております。コース日程など詳細、カリキュラム等詳細についてご興味の有る方は、アカデミアデルオーリオ事務局(info@accademiadellolio.com) までお気軽にお問い合わせください。

エキストラバージンオリーブオイルと糖尿病

timthumbpngローマ大学で行われた研究にて、エキストラバージンオリーブオイルは、血糖値を抑え、健康な患者のインスリンを上昇させることが検証された。これは糖尿病患者で、食後の急激な血糖値の上昇が起こる状態により、心臓や血液循環システムにダメージがある可能性がある場合に、オリーブオイルを活用できる見込みが検証されたと言ってもいい。

現在までに発表されてきていた研究は、具体的にどの油がメタボリズムにおけるグルコースの働きに影響を与えるかを検証しているものではなかった。今回の研究では、25名の健康な対象者が、10gのオリーブオイルを含む地中海式の食事をし、彼らの糖質と脂質のプロフィールを分析する、ということが行われた。分析では、エキストラバージンオリーブオイルを含む昼食を摂取した場合の栄養吸収と、種子油を含む昼食を摂取した場合の栄養吸収の比較を行った。

実験で、昼食の前(13時)と2時間後(15時)に糖質(グルコース、インスリン、インクレチン(インスリン分泌に影響を与える消化管ホルモン))と脂質(コレステロール値、トリグリセリド値、HDLコレステロール)を分析。分析の結果、食事の2時間後、オリーブオイルを摂取した対象者は明らかに血糖値が低く、インスリンが多い結果が出た。さらに、インクレチンの顕著な上昇と血清コレステロールの減少も明らかになった。

fonte

ジャイアントオリーブを救う接木

il_gigante_di_alliste

1500年の樹齢を持つオリーブ “Il gigante di Alliste” (ジャイアントアッリステ)として知られているオリーブがXylella fastidiosa(ピアース病菌)が原因で引き起こされた乾燥による立ち枯れの被害をうけており、接木をすることで被害を抑える試みがなされている。5月29日にレッチェにて行われたコンファレンスによるとレッチーノ種、フラントイオ種は、ピアース病菌に耐性があるのではないか、と考えられておりオリアローラ種やチェッリーナ種に広がっているオリーブの急速な枯れを食い止める効果があると期待されている。

もしこの仮定が科学的に証明されるのであれば、生産者にとっては被害を食い止め生産をする対策となる。

簡単にいうならば、菌の影響を受けない新しい葉器官の発達により、病原による侵食よりも早く木の層が形成され、それによりすでに感染された部分を遮断することができ、菌やバクテリアが全方向に拡散することを制限することを狙ったものである。

オリジナルより抄訳