PaneOlio@文京区立千駄木小学校

paneoliologojepg

 

10月17日(土)、文京区立千駄木小学校でAccademia Dell’Olioの食育イベントPaneOlioが開催されました。

DSCF0694

PaneOlioはお子さんたちに本当に美味しいオリーブオイルの味を知ってもらい、オリーブオイルを通して保護者の方に健やかな食生活について考えるきっかけになればという思いから生まれた慈善活動です。
今回のPaneOlioには、Accademia Dell’Olio卒業生のオリーブオイルソムリエ粕谷未央さんと千駄木小学校PTAの皆様を中心にイベントが行われました。

当日は千駄木小学校の校長先生、PTA会長ご臨席の元、
保護者の方が50名、お子さんが30名と多くの方のご参加をいただきました。

DSCF0719PaneOlioだけでなく、
オリーブオイルがどのように作られているのか、
本当のオリーブオイルはどのような味がするのかについて、
フードアナリストとしての視点を交えつつ、
「オリーブオイルを通じた食育」というテーマで講演も行われました。
イタリアの食文化やその歴史に参加者の皆さんも興味津々だったようで、

「イタリアにこれほど長く厳格に続く食文化があるとは知らなかったし、そんな文化のある国で子どもたちにも積極的に摂取することが推奨されているオリーブオイルをぜひ日々の食生活に取り入れたい。」

というご感想もいただいたそうです。

その他にも、

「辛味や苦味が悪いことなのかと思っていましたが、
良質なオリーブオイルを見分ける物差しになることがわかりました。」

「今までのオリーブオイルに対する理解が全く違っていたことに驚きました。」

「家でいつも買っているオリーブオイルの味とあまりにも違い、オリーブのジュースという言葉の意味がよくわかりました。」

というお声があがったとのこと。

DSCF0725お子さんたちからも、

「パンが甘くて美味しかった!」

「お母さんと一緒に買い物へ行って、いいオリーブオイルを選びたいです。」

「イタリアに行ってみたいと思いました。」

などなど、オリーブオイルやイタリアという国に対して興味をもってもらえたようです。

フレッシュなエクストラバージンオリーブオイルに特有の辛味や苦味にがポジティブな要素だということを今回初めて知った方もいらっしゃる中、普段の食生活の中で既にオリーブオイルをふんだんに取り入れていらっしゃる方からは、敢えてお砂糖などで甘くせず、オリーブオイルの味をそのまま味わってもらってもお子さんにも受け入れられたのではないでしょうか、というご意見も上がったそうです。日本の食卓でもオリーブオイルの消費量が少しずつ増えているようですね。

お子さんにも分かりやすい粕谷さんの説明もあり、PaneOlioは終始和やかに、また大盛況のうちに幕を下ろしました。
千駄木小学校の皆さまのご参加および多大なご協力に感謝申し上げます。

あなたも”paneolio-パンとオリーブオイル-”のイベントを開催してみませんか?
幼稚園、学校、店舗など様々な場所でのイベント開催に興味の有る方は paneolio@jsolio.com までご連絡ください。

 

DSCF0762  DSCF0729  DSCF0755

DSCF0760  DSCF0771  DSCF0730