オリーブ収穫体験 Villa Baldaccini農園にて

  

10月末の日曜日、オリーブオイルソムリエ養成コースの休日を利用して、オリーブ収穫体験が行われました。晴天に恵まれたこの日、コース会場となっているモンテカティー二テルメからバスで1時間程、城壁に囲まれた古い街並“Lucca”の中心部を通り過ぎ、オリーブの木々に囲まれた小高い丘の中腹にある“Villa Baldaccini”農園に到着。まずは、Villa Baldacciniを取り囲むオリーブ畑を、オーナーRenzo氏の案内のもと見学。生産者から直接聞くオリーブの品種、栽培方法のお話は大変興味深く、参加者の皆さんもイタリアのオリーブ栽培を生で見学できたことに大満足の様子。

皆が楽しみとしていた収穫体験では汗を流しながら半自動の機械(ペッティネ)でオリーブの実を木から落とし、網に落とされたオリーブの実を丁寧にカゴに集めました。たった1時間程の作業でしたが、改めてオリーブ収穫の大変さ、苦労を実感する事が出来ました。

昼食はRenzo氏のご家族と一緒に手作りの美味しいポレンタ、ポルチーニ茸のラグーソースのリコッタチーズとほうれん草のラビオリ、豚肉のアリスタ、ティラミスなど前夜に搾ったばかりのオリーブオイルを贅沢にたっぷりとかけ、美味しいワインと共に頂きました。初めて味わった搾りたてのオイルの味に皆びっくり!!オリーブオイルソムリエとしてこの時期ならではの貴重な体験に感激しました。

その後、幸いにも収穫したばかりのオリーブをフラントイオ(搾油所)に持ち込むところへ同行させていただき、フラントイオ見学も行いました。オリーブの実からおりーブオイルに変化する仕組み、そしてフラントイオからでるサンサ(搾り滓)などを見学する事ができ、とても勉強になりました。この時期トスカーナのフラントイオは24時間稼働していることも多く、次から次へとオリーブ生産者が足を運んでいました。

偶然、フラントイオを取材にきていた地方テレビ局から、「どうしてここにいるの?何をしているの?」と、取材をうけるハプニングもあり、今回の収穫体験、フラントイオ見学、ノベッロオイルの味など全てが良い思い出になりました。

  

Villa Baldaccini      http://www.villabaldaccini.it/

記: Keiko Gama, yukiko Simada

 

 

 casino onlinecasino onlinecasino onlinecasino online